FC2ブログ
愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
このブログの登場猫その1 セプテンバークインテット
2030年01月01日 (火) | 編集 |
このブログにはたくさんの猫が登場します。
気が付けば、自分だけが分かっている状態でしたので、
改めて登場猫たちの紹介をさせていただきます。

2.登場猫(セプテンバークインテット)
現在ねこまたトマシーナの眷属は5ニャン。
すべて9月に私との縁が生じたので、
セプテンバークインテットと呼ばれています。

①茶々丸・・・・現在実家住まい
 2010年9月8日に実家の最寄り駅で出会い、
 彼に同居人としてスカウトされた。
 茶トラ中毛の男の子。
 風貌は癒やし系だが、結構頑固で面倒くさいところ有。
 特にフードの器の位置に関するこだわりは謎。
 推定お誕生日は2010年7月7日。
 現在トマシーナの実家の四代目ボス。
 乳母ニャンだったトマが理想の女性らしい。
 愛称は茶々くん。

我が家に来た日の茶々丸。痩せ細っていました
20100908224222e53_2019012208214557d.jpg

理想の女性 トマ姉さまとのツーショット
10469218_653367581424509_3790847217780819631_n_20190122082144158.jpg

絵になる男 茶々丸は現在人気ナンバー1です
36711015_1774786052615984_1979943450593722368_n.jpg

②田実(たみ)・・・・現在実家住まい
 2010年9月26日に瀬戸の招き猫まつりで出会う。
 (まつりを狙って遺棄されて保護された)
 何故かトマシーナが預かることになり、
 そのまま実家の子となる。
 アビ風の女の子。
 トマシーナの愛猫であったチョロに風貌が似ている。
 一見コワイ顔だが、実は一番の甘えん坊で、
 実家で唯一の膝乗り猫さん。
 推定お誕生日は2010年5月5日。
 実家の夏夏コンビが幼い時は、
 一応田実ちゃまが乳母ニャンをしてくれた。
 愛称は田実ちゃま。

我が家にやって来た当初、
田実ちゃまは風邪のため隔離されていました。
20100927223508740_201901221209415ec.jpg

実はかなりの美少女でした
20101011233355ca2_20190122120939bfc.jpg

身体能力は田実が一番優れています。
猫族の美しさを感じさせてくれる子です。
13904735_1723996640_21large_convert_20120828110009_20190122120936781.jpg

③陽夏(ひな)・・・・現在実家住まい
 2015年9月7日、実家近くで出会う。
 車道の脇の植え込みで鳴いていた。
 警察に拾得物として届け出たので、
 正式に我が家の子となったのは3ヶ月後である。
 縞三毛の女の子。
 小柄で太めなので愛らしい風貌なのだが・・・・
 性格はスケバンそのもの。
 同日に来たなちゅはこの子に頭が上がらない。
 推定お誕生日は2015年7月27日。
 何故か兄ヒロシが大好き。
 愛称はひぃちゃん。

保護された当初は、常に夏目くんと一緒でした。
ふたりが仲良く寄り添う様子は、それはそれは可愛らしかったです
11998594_908942305867034_2030087363_n_20190122120927bc0.jpg

少し大きくなった頃、既にスケバンの片鱗が・・・・
12191867_932750693486195_4055934314621378018_n_201901221209328ad.jpg

小柄な三毛猫、ちょっと(?)太めの体型で世間を欺いているスケバン
この体型を維持して欲しかったのに、どんどん体重が増え、獣医師からも注意が^^;
12212542_932723726822225_569263689_n_20190122120933f94.jpg

スケバンぶりを発揮していますが、ボスの茶々には逆らいません。
その辺はよぉーく心得ている賢い子です。
12814595_992907487470515_1099577835403912161_n_2019012212093560f.jpg

④夏目・・・・現在実家住まい
 2015年9月7日、我が家にもらわれてきた。
 トマシーナが唯一譲渡を受けた子である。
 この子だけ親きょうだいが分かっており、
 かなり正確なお誕生日も分かっている。
 総キジトラの男の子でかなりの大柄。
 だが性格は極めて優しく、かなりの小心者。
 自分が立てた物音にもビビるチキンぶり。
 たまたま同じ日に保護されたひぃちゃんに
 頭が上がらない・・・・。
 その理由は、幼い時に淋しくなると、
 ひぃちゃんのおっぱいを吸っていたから。
 推定お誕生日は2015年7月13日。
 タッチの差(僅か10数分)でひぃちゃんが先住猫。
 なので実家での地位は一番下の不憫な子。
 不憫なのでトマシーナに溺愛されている。
 愛称はなちゅくん。

我が家に来た頃のなちゅ
我が家に来る直前まで、お母ニャンの母乳を吸っていたそう。
とても甘えん坊でした。
12008528_908937289200869_715157832_o_201901221209308ba.jpg

新しい環境に怯えて隠れようとばかりした夏目くんでしたが、
偶然同日に我が家にやってきた陽夏ちゃんのおかげで落ち着きました。
そのためにその後まったくひぃちゃんに頭が上がらなくなりましたが・・・・^^;
12005953_908041559290442_1394777834_o_201901221209292b7.jpg

なちゅはデカ猫遺伝子を有していたのか、
我が家にやって来た歴代の猫の誰よりも大きく育ちました。
でも、心優しい可愛い男の子です。
実家の両親にそういう部分を賞美されています。
14199161_1113733432054586_3861829444166139273_n_20190122120938a4d.jpg

⑤葉月・・・・現在同居中
 2018年9月3日、台風の前日にトマシーナと出会う。
 当初は里親募集しようと思っていたが、
 シゲさんのウチの子にする宣言で家族となる。
 むぎわらという珍しい毛色の女の子。
 月齢1ヶ月から10時間以上のお留守番をしてくれている。
 淋しがりの甘えん坊。
 噛み癖がなかなか抜けずトマシーナを悩ませている。
 推定お誕生日は2018年8月1日。
 この子が家族になり、猫のいない生活は11ヶ月で終了する。
 愛称ははーちゃん。

保護したばかりの頃。
保護時推定月齢1ヶ月・・・・まだ離乳したばかりの赤ちゃんでした。
41441816_1874744755953446_3567891034287374336_n.jpg

月齢1ヶ月からこのソフトケージ内で10時間以上お留守番をしてくれました。
不憫で仕方がなくて、何度も会社を辞めたいと思いました
41660028_1879508482143740_497590906342342656_n.jpg

イサナに抱っこされているはーちゃん。
イサナの大きな手と小さいはーちゃん
微笑ましい写真です。
41295335_1872626306165291_7016212807574093824_n.jpg

シゲさんに抱っこされているはーちゃん。
シゲさんに溺愛されています
41916757_1884849178276337_8159742245201772544_n.jpg

以上がセプテンバークインテットです。
登場猫は他にもおりますので、次に続きます(笑)
スポンサーサイト

このブログの登場人物
2030年01月01日 (火) | 編集 |
今更ながらこのブログの登場人物及び
登場猫についてご説明させていただきます。
まずは登場人物についてご説明します。

1.登場人物
①トマシーナ
 このブログの管理者。
 猫の同居人歴は30年以上。
 2017年に48歳にして結婚。
 愛知県民から岐阜県民になる。
 生まれは宮城県の仙台市。
 妖怪関係者(?)からはねこまたさんと呼ばれている。
 自称東海一のねこまた。
②シゲさん
 トマシーナの夫。
 実は猫の同居人歴あり。
 現在愛猫 葉月のお世話は、
 ほぼシゲさんがしている。
 トマシーナとはランが縁で知り合った。
 生まれは岐阜県。
③イサナ
 トマシーナの父。
 脳梗塞の後遺症で右半身が付随になり、
 現在自宅で介護されている。
 猫さん大好き。
 実家の猫も我が家の猫も全てイサナが命名。
④リョウちゃん
 トマシーナの母。
 現在85歳になるが、バリバリの現役主婦。
 トマシーナを36歳の時に生んでくれた人。
⑤ヒロシ
 トマシーナの長兄。
 夫シゲさんとは同学年。
 しかし、未だに花(?)の独身。
 猫のお世話は殆どしないくせに、
 何故か猫たちに慕われる人。
 実家猫 陽夏(ひな)ちゃんは兄にゾッコン。
⑥まこちゃん
 トマシーナの次兄。
 11歳と10ヶ月でこの世を去る。
 重症筋無力症という難病で、
 生前は車椅子生活だった。

以上が主な登場人物です(^o^)

不思議なご縁なんですよねー(^^)
2019年03月07日 (木) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
公私共に忙しい日々を送っておりますが、
(多分)それなりに元気です


忙しいので、なかなか実家にラルくんを迎えに行けません
そもそもラルくんを友人紹介のサイクルショップで入手したのは、
ある習い事のためでした。
実は私は一時乗馬を始めようと思っていたのです。
実際何度か馬には乗りました。
馬場に行くためのアシとして自転車を購入したのですが、
その後、仕事の関係で結局行けなくなってしまったのです
しばらく乗らずにいましたが、父が脳梗塞で入院した際、
病院への往復に使うようになりました。
それがラルくんと過ごした最後の日々だったと思います。
その後、私は在宅介護生活に入り、好きだった登山を止めて、
再び走るようになりました。
自分の心を支えるために、私は走り続けていたのかもしれません。
その間、私はラルくんを忘れていました。
心のどこかには常に引っ掛かってはいたのですが、
なかなかラルくんと向き合うことが出来なかったのです。
ようやく、またラルくんと向き合う日々が訪れそうです。
そもそも私は自転車のオーナー失格ですよねー。
自分で簡単なメンテが出来ないのですから
そういうことも、今後少しずつ覚えていこうと思います。

SNS経由で友人になった方に、
あるサイクルショップのオーナーご夫妻がいらっしゃいます。
もう友人になって何年になるのかな
このご夫妻、いまだに実際にお会いしてはいないのですが、
とってもユニークで魅力的なおふたりなのですよ
ご近所さんだったら、いつもつるんで呑みに行きたいと思うほど(笑)
その侍サイクルさんが、クラウドファンディングにチャレンジされたので、
私はほんの気持ちくらいでしたが、お金をお出ししました。
その返礼のお品が届いたのですよ。
ご夫妻のお人柄が現れているようなお品ばかりでした。

楽しそうなお品ばかりですよねー

53146108_2117524885008764_4230642064729047040_n.jpg

このサコッシュを斜め掛けして自転車に乗ったら・・・・
楽しいこと間違いなし
52877834_2117525005008752_3060752166537920512_n.jpg

スタンプ帳にスタンプを押すのが楽しみです
当然1頁目は侍サイクルさんのスタンプで
52977651_2117524951675424_2959258382776664064_n.jpg

楽しそうな姫と侍のステッカーです
このモデルはオーナーご夫妻です。
53188116_2117524918342094_658494623362056192_n.jpg

気持ちは一日も早く自転車に乗りたいのですが、
諸般の事情でなかなか・・・・その諸般の事情はもう少しお待ち下さい。
本当に世の中いろいろあるんですよー

侍サイクルさん、返礼のお品をありがとうございました。
今年中には是非お邪魔したいと思っておりますので、
どうぞよろしくお願い致します


3月14日はホワイトデーじゃなくて・・・・
2019年03月06日 (水) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
昨日大変な事態に陥り、
少しテンションが下がっています


さて、3月14日はヴァレンタインほど盛り上がらない
ホワイトデーですが・・・・私の場合はちょっと違います。
実家の父イサナの今後の介護計画の話し合いに参加致します。
今後も今までどおりの感じでいくのか、
母のためにちょっとでもサービス内容を見直すのか・・・・
さて、どうなることやらです。

大半の方が勘違いされていると思うのですが、
介護保険は介護される方だけのものではありません
むしろ介護する家族を守るための制度です。
介護する家族の生活が破綻しないようにすること、
これが在宅介護を続けるための重要なポイントです。
私は介護離職などするべきではないと思っていますし、
介護は息子の嫁の仕事という考えも賛成出来ません。
誰かが過度の無理をすることで成り立っている生活は、
結局誰も幸せにしないだろうと思うからです。
介護を巡る悲惨な事件を見聞きする度に、
私はとても心が痛みます。
もしかして自分が当事者になっていたかもしれない
そう思うと胸が苦しくなります。
介護は決して他人事ではないと思っているだけに、
受けるショックも大きいのです。
私はこうやって発信することによって、
いろいろな意味で救われていますので、
とても有り難いことだと思っております。

獅子に乗る文殊菩薩さま。
獅子が架空の動物ではなく、実在するライオンの姿で描かれています。
とても珍しい文殊菩薩像も、今なら名古屋市博物館で拝見できます。
愚かな衆生である私を、文殊菩薩さまがお導きくださいますように・・・・。
53211074_2121792101248709_4655526905691242496_n.jpg


そういう季節の到来なのかなー・・・・。
2019年03月05日 (火) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
今朝、久しぶりに電車が遅延しました。


今年は暖冬で雪による遅延はなかったのに、
本日イキナリ遅延でした。
非常ボタンが押されたため、電車が急停車
私の斜め前に立っていた方は、よろけて窓ガラスに手を付きました。
急病人が出たようで、結局ある駅に臨時停車して、
その方を降車させました。この影響で電車は15分遅れでした。
4月になると電車に不慣れな方が、よく貧血などを起こして倒れます。
急病人対応が多く、電車はしょっちゅう遅延するのですが、
3月の急病人対応はあまりないように思います。
ただ、このところ急に暖かくなりましたので、
体調を崩したというのはあるかもしれないですね。
いずれにしろ、無理をするのは良くないということでしょう。

私もランを再開してから、取り憑かれたように大会を走ってきました。
知らず知らずのうちに無理をしていたようで、
体のあちこちにガタが来ているのを感じます。
健康診断は脳ドックで所見がありますし、
婦人科は常に引っ掛かっています。
視力の低下は著しく、そのうち常時メガネのお世話になることになるでしょう。
五十路を迎えるというのは、こういうことなんだなーと思います。
出来ていたことが出来なくなるという経験を、
これから私はたくさんすることになるのでしょう。
出来なくなった時にその事実をどういう風に受け止め消化(昇華)するのか
それは個々人の価値観によって大きく変わってくるのでしょうね。
そんな事を考えさせられました。

人生にも季節があります。
私は今どんな季節を迎えているのでしょうか
もう、青春でも朱夏でもないのは明らかですが、
果たして白秋なのか、それとも既に玄冬なのでしょうか
いずれにしろそれぞれの季節に違った良さがあるように、
人生の季節も違った味わいがあるのだろうと期待しています。

コチラは青春真っ盛りの葉月さま
53297020_387054868544101_2190060157021454336_n.jpg

そして関係ないけど、昨日食したルビーチョコレート
シゲさんは初めて食べたそうですが、私は以前食べたことがあったみたい・・・・。
でも・・・・いつ食べたのかは記憶にないという・・・・
記憶力もいよいよ低下してきたのかもしれないですねー
53568876_2123087794452473_3606237266810241024_n.jpg

ブラックトマが降臨してしまった話
2019年03月04日 (月) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
皆様楽しい週末を過ごされましたでしょうか


私の友人の何人かは、昨日東京マラソンを走っていました。
生憎の雨天でしたが、皆様無事に完走をされたようです
完走おめでとうございます

私も土曜日は久々にイベントで走り、
日曜日は浮世絵を鑑賞してまいりました。
展示は誠に素晴らしかったのですが、
久々にちょっとイラッとしてしまいました。
名古屋市博物館の今回の展示は、写真撮影可ということもあり、
非常に盛況でございました。
展示方法もなかなか趣向がこらしてあり、
博物館スタッフの皆様の熱意が伝わってまいりました。
でもねーいくら写真撮影可といっても、
もう少し気配りして欲しいという方がチラホラ。
ちょっと私の真ん前で鑑賞されていた方がねー
大きなザックを背負いながら、
全ての展示品を写真に収めていらしたけど、
あまり周囲に対しては配慮されていませんでしたね。
そもそもザックを背負っての鑑賞はNGだと思いましたし。
日本の博物館や美術館は、あまり厳しく云われないようですが、
ザックは展示品を損傷する恐れがあるために、
背負っては入れないというのが海外では普通だと聞きました。
フラッシュ撮影している困った方もいらしたようですし
ザックの方があまりにヒドかったので、
途中で追い抜かせていただきました。
ちょっと嫌な追い抜き方をわざとしたのですが、
私が何を云いたいのか分かってもらえたかなー
分かってもらえたなら、ブラックトマを降臨させた意味もあるのですが。
因みに以下は博物館側からの注意事項です。

本展の展示作品はすべて撮影いただけます。撮影にあたっては以下の条項をお守りください。
・他の来館者の鑑賞の妨げにならないよう、ご注意ください。
・他の来館者が映りこまないよう、ご注意ください。
・シャッター音や周囲にご配慮の上、長時間の撮影はご遠慮ください。
・会場の状況によっては撮影をご遠慮いただく場合がありますので、ご了承ください。
・本展の展示作品は額装されているため、ガラスによる反射・映りこみがあります。
・フラッシュ、ライトの使用は禁止。
・動画の撮影は禁止。
・三脚や一脚、自撮り棒等の使用は禁止。


写真撮影出来るのは嬉しいけど、やっぱり観るだけの展示の方が
ストレスは少ないのかもしれないですね。
ザックの方は写真に夢中で、
あまり作品を熱心にご覧になっていなかったような・・・・。

以下はちょっとだけですが、私が撮影した展示作品です。
血飛沫が飛び散っているような作品は避けてアップしています。
53207650_2121792147915371_516892635399454720_n.jpg

52833099_2121792064582046_6246645747207372800_n.jpg

53145575_2121792177915368_6372267059509723136_n.jpg

浮世絵に描かれる猫を観る度に思います。
我が家の子たちは、どんな風に描かれるんだろうって。
はーちゃんはどんな風に描かれるんだろうね
52881291_2121791867915399_2164089894236848128_n.jpg

53050767_2121791961248723_3718535294207655936_n.jpg

54255569_2121791917915394_6035047972847222784_n.jpg


ダルくて倒れるように寝てしまった話
2019年03月01日 (金) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
アレルギー持ちには辛い季節です


昨日も一昨日も、夕食後倒れるように寝てしまいました。
どうやらアレルギーの一症状らしいです
眠たいのではなく、起きていられないのです
全身の気怠さ、頭重感、目の痒みなどなどと戦っております。

それはそうと、今日から3月ですね。
私の五十路突入もカウントダウンに入りました(笑)
これからの人生について考えないといけないですね。
一応折り返し地点だと思いますので。
最近終の棲家について考えています。
だからというわけではないのですが、
やたらと中古住宅のサイトなぞ見ております。
買う買わないは別にして、とっても浮き浮きします(笑)
お安い物件はものすごーく交通の便が悪いとか、
築年数が50年以上とかですね。
交通の便は動けるうちは問題がないですけど、
動けなくなってしまうと致命的ですもんねー。
日本はこれからどんどん高齢者が増えますからね。
行政の手はなかなか追いつかないだろうし、
自助努力の必要性は常に感じています。
そんな事を考えてしまうのも、
両親のことが気に掛かっているからでしょうかね

無邪気に眠るはーちゃんです。
この子のためにも、快適な終の棲家が必要かなーと思ったり。
52598626_2117525135008739_7805633732223696896_n.jpg

お腹の毛は大分生えてきましたよ(笑)
52820192_2117525085008744_5210730645076049920_n.jpg

最近、出掛けようとすると行かないでと激しく哀願します。
周囲に発情した猫さんがいるから不安なのかもしれません。
52813748_2117525238342062_4128941418162946048_n.jpg

父を月1回どこかに連れ出してみようかなーと思うのですが、
そもそも父はどこへ行きたいのだろう
そして何がしたいのだろう
そんな話をシゲさんとしていたら、
父のために車を買い換えようかなーと云ってくれました。
でも、父のために大きな投資はね。
嬉しいけれど、無理のない範囲でと思っています。

2月は頑張ったんですねー。
21記事もアップしていました
久々に書きたい気分だったのかもしれませんね。
ぼちぼち忙しくなりますので、また更新が途切れがちになるかもしれませんが、
取り敢えずこのブログはまだまだ続いていきます。
ということで、3月もよろしくお願い致します

ケアマネさんとお話しして分かったこと
2019年02月28日 (木) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
ケアマネさんから就業中にお電話をいただき、
何故電話が来ないかが分かりました


法改正により認定有効期間が延長になっていたことを、
恥ずかしながら私が知らなかっただけでした
でも、ケアマネさんといろいろお話し出来たので、
とても良かったです。
父母の状況については、ケアマネさんもほぼ私と同じ認識でした。
昨年も何回も父にデイサービスを勧めてくださったそうですが、
その度に父の頑強な抵抗にあったようです。
男性はそういう方がほとんどです、と仰られていました。
奥さまの負担を軽くすることを考えてあげないとね
とまで云ってくださったそうですが、
父イサナは聞こえないふりをしたようです。

3月に今後の介護計画についての話し合いはありますので、
その場には私も引き続き同席することにしました。
ケアマネさんと話していて、これはやってみようと思ったのは、
主治医の力を借りることです。
現在、父母の主治医は同じですので、
主治医より母の客観的状態を、父に話してもらおうと思います。
それで母の負担を減らす必要を感じてくれたらいいのですが・・・・。

介護される人口が介護保険制度発足時から2.8倍になっている現実・・・・
正直介護は他人事じゃないです。
自分も介護される側になる可能性だってあります。
頑なで困った父ですが、筋トレ等を必死で頑張っています。
だからこそ、それなりいろいろなことがまだ自分で出来ています。
その頑張りを、デイサービスを勧められると否定されている気がするのかな・・・・。
私はデイサービスで、父の世界がまた広がるといいなーと思っています。
いつもつまらない、ただ生きているだけとつぶやく父、
何をどうすればその気持ちに張りが生まれるのか、
実は私もまるで分からないのです。
家族が出来ることには限界があります。
兄を介護離職させるわけにはいかないし、私にも家庭があります。
そういう制約の中で、家族として何が出来るのか・・・・
そこをきちんと考えないといけないんだろうなーと思います。
プロに委ねることと、家族が出来ることは違いますからね。